So-net無料ブログ作成

練習メニュー1 -Phil Taylor式BULL練習法- [練習方法]

スポンサーリンク




BULLの練習方法で、僕が一番好きなやつをご紹介いたしましょう。

24.jpg


これはダーツ世界最強の男・Phil Taylorが雑誌のインタビューで答えたウォーミングアップ法が元になっています。


Phil Taylorのウォーミングアップとは、

D-BULLに入ったら1点、S-BULLに入ったら0点、それ以外に入ったら-1点

というルールで、50点に到達するまでBULLに投げるというものです。



アホか(笑)
一説によると、S-BULLも-1点だとする説もあります。(もっとアホか)



この練習のいいところは、点数にマイナスを付けているところです。
BULLに10本入るまで!という練習はよくありますが、
外したら1本マイナスというルールが、緊張感とBULLへの執着心をより高めてくれます。



レベルによって点数を変えれば非常に良い練習になります。


たとえば、僕はソフトボードでやる場合は

D-BULL 2点、 S-BULL 0点 それ以外は-1点

というルールでやっていました。


ハードボードでやる場合はS-BULLを1点に変更していました。




Aフラの人なら、ソフトボードで

D-BULL 2点、 S-BULL2点、それ以外-1点

くらいがちょうどいいかもしれません。




この方法をトリプルに応用して

トリプルに入ったら2点 シングルに入ったら1点 違うナンバーに入ったら-1点

というルールでやるのも楽しいですよ。



設定が甘いとすぐにクリアしてしまいます。
逆に厳しいとどんどんマイナスになっていき、10分後にはマイナス30点なんてこともあります。


僕の場合は、ゴールを20点に設定して、逆のゴールをマイナス20点に設定していました。
マイナス20点に到達したら、残念ですがそこで終了することにしました。
ストレートでマイナス20に到達するようなら、ルールを甘めに変更します。
粘りに粘ってマイナス20に到達したときには、そのルールはちょうどいい練習になると判断しました。



過去に一度、プラス20点とマイナス20点の間を40分間さまよい続けて、最終的にマイナス20点に到達してしまったことがあります。
あのときは涙が出そうになりました(笑)
「こんなに粘ったのに決めきれないのか・・・・・・情けない。」
と。



自分の不甲斐なさを感じるためにも、一度はトライしてみてください(笑)


スポンサーリンク



nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。