So-net無料ブログ作成

コラム2 -カットの強さ- [コラム]

スポンサーリンク




今日は久々のコラムを書こうと思います。

c7eDFMBillXb6rB7IFPq0gGcyBQ5Fl4RWesznjcecpfOmIT0XUe4ZLQRBU6yCLff.JPG


このブログはなるべく科学的根拠に則って書くことを自分に課しているのですが、
今日は僕の主観による記事です。


題して『カットの強さ』


カットの強さと言っても、丈夫さのことではありません。
どれくらい指にかかるか、というお話です。


カットの強さは主に、

・カットの幅(広さ)
・カットの深さ
・カットの角(鋭さ)

で決まります。
よく、シャークカットはかかりが強くて、リングカットはかかりが弱いという記述を
見ますが、あれは必ずしも正確ではありません。
細かいシャークカットよりは、幅広のリングカットの方がかかります。


fe.jpg


ですから、シャークだのリングだのステアだのスフェリカルだのウェーブだの、
カットの名前に騙されないで、カットの幅や深さ、ピッチ(どれくらいの間隔で並んでいるか)を
考慮して選んでみてください。


「俺はかかりが強いのがいいから、絶対シャークだ!」


という思い込みを捨てられずにいると、かかりの強いリングカットのバレルなどを見ずにおわってしまいます。
これはもったいないことです。

fee.jpg
(見た目はツルツルだけど、段差って結構かかりますよ。前に壁があるようなもんですからね。)


スポンサーリンク



nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。